2011年02月09日

自然を慈しむこころ

私の好きな日経夕刊1面下の「あすへの話題」というコラムで、先日「宗論」の題で、文化庁長官 近藤誠一氏が書かれていたものに非常に共感を感じましたね。


"外務省の文化交流部長時代に、インドネシアのイスラム学校の高校の先生一〇名を招いた。日本の教育や文化などへの理解を深めてもらうためだ。

滞在を終えた一行の団長が言った。「比叡山の森に一番感動しました。そこには神々が宿り、そこに日本人の精神性の原点を感じたからです。そしてそれはイスラムの教えにも通じるのです」。敬虔な一神教のイスラムびとは、無宗教にみえる日本人を内心軽蔑するのではないかと恐れていた私は驚き、無知を恥じた。彼等は比叡山の森に、言葉にならない何かを肌で感じたのだろう。これはインターネットで映像をみただけでは得られない体験だったに違いない。

『宗論』という狂言がある。異なる宗派の二人の坊さんが旅で一緒になるが、宗派の正当性を巡って言い争いになる。喧嘩は次第に熱を帯び、自分の宗派のお経を大きな声で唱え始める。

興奮した二人は遂に踊りだす。そのうちいつの間にか互いに相手のお経を唱えていることに気づく。二人は我に返り、所詮ともに仏に仕える身と悟り仲直りをする。

他愛のない話だが、これは人間の料簡がいかに狭いものになり得るか、そして日本人には自己の信条に必要以上にこだわらず、立場の違いを理解し、共存を求める資質があることをも示している。これはインドネシアの先生の体験に通じる。比叡山は法然、親鸞など多くの異なる宗派の開祖を生み、そしてイスラムという全く異なる宗教を信じるひとにも感動を与えた。

この日本人のおおらかさ、それを育んでくれる自然を慈しむ気持ち、これこそ宗教・民族紛争や環境問題に直面する今の世界が必要としている心なのではないか。"


このコラムの最後の部分、非常に共感を感じますし、これがこれからの時代、必要な考え方のような気がします。それ故、森羅万象に対しての感謝の心、"おかげさまで"(特定しないものに対しての感謝の念)という昔からの日本の挨拶が大事ですよね。
posted by お坊 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

最近の宇宙論は、

私は、昔から宇宙に憧れており、小学生のころ家の近くの田んぼに立ってよく星空を観ていました。

天の川の美しさに魅了されていましたね。そのくらい空が澄んで、明かりも少なかったということです。その後天文学を目指した?が色々あって、コンピューターの道に入っていきましたが、今の目標として、来年、放送大学に入学して、天文学を勉強しようと思っています。今年は、自分の仕事で、アップアップの状態ですので、、

で、先週末に時間があったので、自宅で天文学(宇宙論)について2,3冊読んでいて、感じたことを記します。

我々は、今まで宇宙というと、膨張宇宙という、風船が膨らんでいく、その表面に、またその中で漂っているのが、銀河(太陽系みたいな恒星(太陽)を中心として周りを惑星が回っている軍団の集合体)で、その銀河同士の距離が離れていく、そんなイメージを習ってきました。

それは、アインシュタインの相対性理論やホーキングの理論(ブラックホール)から導かれたものです。でも、最近の研究で、この膨張宇宙論に???が出始めています。

アインシュタインの相対性理論が出る前は、宇宙はエーテルという物質に満たされており、それが糊の役目をして、銀河が固定されているというイメージでした。たとえて言えば、海ですね。海水に満たされており、その中で魚や藻などが漂っているイメージですね。

しかし、そのエーテルの存在が否定され、糊の役目がなくなり、膨張するという考えをしないと、エネルギー的な問題(地球のような自転、周回運動等)の解決に結びつかないからで、現実的でなくなってしまったのですね。

でも、量子論(原子の構造を探る学問)の発達で、これには日本人がかなり貢献してますね。ノーベル物理学賞を得た、湯川秀樹、朝永振一郎はじめとする人たちの活躍がありました。

これらの量子物理学の研究成果に基づいて、近年、宇宙とはある物体(ダークマター:暗黒物質)に覆われており、そこに銀河が漂っている(糊付けされている)、またその暗黒物質にはエネルギーが充満しており、これが宇宙全体の運動に貢献している、と考えられるようになってきましたね。

つまり、古来探し求めてきたエーテルに満たされた宇宙論に回帰してきていると言うことですね。

”すべての銀河は、目に見える星たちの5倍から10倍の質量(目に見えないエネルギー)が周りを取り囲んでいる”ということで、真空と思われている空間に見えない物質(現時点では存在の証明が出来ない)が存在し、エネルギーが存在していると言うことですね。

天文学者は、この暗黒物質の存在を証明するため(計測可能な状態に)に懸命になって、世界中で競争している状態です。まだ、理論的な計算上の認識だからですね。

仏教の経典「般若心経」で、”色即是空、空即是色”がありますが、まさにこのことを表現しています。空は無であり、色は形ですが、見えないがそこには物質が存在し、エネルギーがあり、そこから星が誕生する。見えないがそこにはエネルギー(物質)があり、いつでも形になる(星になる)、そして、やがて爆発して、無になる。でもエネルギーが残る。

これを拡張すれば、人間が誕生し、死するも、エネルギーは空間に残る、それが情報のエネルギーであれば、古来伝わる知恵となる?

そんな妄想?を読書しながら先週末の1日に考えていました。こんな時間が好きですね。
posted by お坊 at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

TPPを考える

今国会、マスコミ等で大々的に論じられている話題の1つがTPPですね。どうなんでしょう? 話題が農業問題にフォーカスされ、これをやらないと今後の日本の死活問題になるという論調になっています。もちろん、経済界は、TPPにより、工業製品の貿易自由化で、経済的効果を期待しており、推進しています。

しかし、このTPPの本質は日本の例外無き貿易自由化であり、有りと在らゆるものの自由化です。建築、弁護士、医療なども含まれてますね。

たとえば、米国の弁護士資格で、日本で弁護士活動が出来ることを意味します。でも、日本の弁護士資格では、米国では活動できない。すべて米国からの一方的自由化強制協定ですね。怖いです。

このUstreamの映像(2時間)の前半1時間をご覧下さい。マスコミで有名な浜矩子同志社大大学院教授の講演で、非常に分かりよい内容ですね。この映像は、国会議員のTPP勉強会のもので、その中で、浜氏はTPPを次のように説明しています。

"FTAやTPPは地域限定の自由貿易協定であるので、現実的には「地域限定排他貿易協定」と言うべきものであるので、そもそもWTOが持っている「自由・無差別・互恵」の理念に反するとも述べています。WTOの理念は、戦前のブロック経済化が第二次世界大戦を導いた反省の元に成り立っているので、ブロック化を促進するような排他性が入り込む協定は日本がとるべき道ではないとも。

「互恵」と「相互」の概念が現在混同されがちであると指摘しています。WTOの理念にある「互恵」とは「お返し」の論理であり、TPPなどにある「相互主義」とは報復的な論理で正反対のものと。"

http://www.ustream.tv/recorded/12439863

最後に、ぜひ自分の頭で考えてみて下さい。マスコミの論調の一方的受け入れは駄目ですよ。メリット、デメリットをよく考えて、そのトレードオフを考え、トータルでプラスになるのか、また、5年後、10年後でどうかについても考える事ですね。
posted by お坊 at 15:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

デジタル化の波に思う

ここ2日間、六本木ヒルズ49階のアカデミーヒルズで仕事をしていました。仕事の合間に、ここのフロワー(会員制の民間図書館)で現下の東京の街並や周りでPCなどのデジタル機器に夢中になっている人達を観ながら、ふと考えました。

昨今、電子書籍が世界的に普及し始めています。私自身もキンドル、iPAD、iPhoneを購入して、その恩恵に預かっています。とても便利です。デジタル化の波による恩恵です。でもどうんんでしょうか?

本の電子書籍化などアナログからデジタルへの変化はますます増える傾向です。それとともに人間個々のアナログ思考の格差が拡大しそうです。アナログ思考の格差での、健康面が気になりますね。仕事上の精神的ストレスが増えてくるような気がします。特に都会(集中したビジネス社会)では、

今迄はデジタル格差と言われて来ましたが、誰もがデジタル化の恩恵を得ルようになる。デジタル機器の使いやすさ、デジタルが故に低価格化になるからです。デジタル・デバイドという問題は軽減しますね。

そんな中、物理的に認識できるが、物理的に認識できない部分、つまり感性、創造性、雰囲気などの目に見えないものへの捉え方がますます退化しそうです。また、自分で考える事が少なくなる。何か分からない事が在るとすぐにインターネットを経由しての情報検索に入る。本来であれば、検索時間という考える時間を得られ、その時間が考える時間となるのだが、

安直に答えを得ようとする。またある程度短時間で得る事が出来る、そんな時代になるでしょうね。自分の頭のキャパ以上の情報過多による、余計な情報を受け付けないという情報ストレス障害が起ってくるでしょう。ある面、私がそうですが、時々、まったく情報を受け付け無い、ぼっーとしていたいという気持ちがありますね。それが自然への憧れに繋がります。

一方で、地方のビジネスチャンスでもあります。デジタル世界では情報はどこでも、いつでも得られます。しかし、この為に体(精神)というものの消耗度が激しくなり、ますますストレスが溜まるでしょう。癒し、健康への関心や興味が高まります。そして自然への懐古が、都会のコンクリートジャングルから自然のある世界にと、、

その為にも、都会からの地方への回帰現象が起こり、地方の人口増加に繋がり、また癒しや健康としての地方都市の価値が高まる気がしますね。実際、世界的な現象になって来ています。アナログからデジタルに、と同時に都会から地方に、この2つの総和は人間の付加価値の最大化に繋がるからです。つまり、数字的(見えるものを重視した)な欧米的思考と自然(見えないものを重視した)を意識する東洋的思考の融合になり、バランスの取れたものになりますね。
posted by お坊 at 09:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

日本の現実

最近、マスコミ等から流れる情報、テレビで議論している事、なんかどんどん悪い方向に行っているような気がしますね。国民を煙に巻いてるようです。国民に自分の頭で思考させないようにしているみたいです。

海外の新聞等空の情報と日本のマスコミが流す情報にかなりの乖離が見られます。国民ももう少し自分の頭で考える必要がありますね。だって、この先の自分の子供たちに負担の来るような世の中にすべきでないからです。

今回紹介する講演会ビデオは、我々が自分の頭で(マスコミからの一方的情報の受け売りでなく)考えるのに最適なものだと思います。私も今日1時間半観ました。まともな考え方だと思いました。このビデオを素直な気持ちで見て、日本の状況を考えてみてください。色々な考え方があると思います。自分の直観に照らしてみてください。

この講演者は、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏は、元オランダの高級紙の東アジア特派員で、日本外国特派員協会の会長も勤めた人で、現在アムステルダム大学教授をしています。とても正当な考えのヨーロッパ人だと思います。

今まで、アメリカの力が強く、アメリカの人たちが世界の言論界で活躍?して、真っ当なヨーロッパ人の意見があまり聞こえてきませんでしたが、ここ2,3年前から表に出るようになってきましたね。良い傾向だと思います。

例えば、フランスのジャック・アタリ氏(経済学者)などですね。また、アメリカでも、ピーター・F・ドラッカーなどの哲学的思想を論じる人たちも出始めています。たとえば、ハーバード大のサンデル教授(NHKの放送で有名)など
。今迄は儲け主義の基盤となる考え方を唱える人達のみが表舞台の主役でしたからね。


では、その講演ビデオですが、前半62分の講演すべて
 http://www.ustream.tv/recorded/11285207  
講演後の質疑応答約30分
 http://www.ustream.tv/recorded/11302326

因みに、彼の最新著作は、「アメリカとともに沈みゆく自由世界」徳間書店刊です。

posted by お坊 at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

情報過多な時代の生き方

日経の夕刊1面の下部分に"あすへの話題"というコラムが在ります。これを毎日読んでいますが、12月7日は「情報の濾過」という題でした。洋画家の入江 観氏が書かれたものです。

その中で、

"インターネットによって集められる無際限の情報量は、それに触れるだけでも一生では足りないのではないかと思われる。おそらく子供たちにとっても、パソコンはごく当たり前の道具になっていくことは目に見えている。その時、子供たちは無限の情報に、どう対応すればよいのだろうか? 情報の洪水に飲み込まれないために、情報を自らの知識にするために何をすればよいのかを考えておかなければならない。

そのために大切なことは、自分にとって何が大切で、何が大切でないかを見分ける能力を身につける以外にないのではないか。"

と書かれていましたが、当を得た意見だと思います。子供たちだけでなく、我々大人たち?も、自分の頭で、何が大切かと選択できる判断力を持つ必要があります。そのためにも日々、少しでも学ぶ姿勢が大事です。

そう言えば、最近ある研修をした際、その出席者は20代から60代と広い層の人達でした。その中に講義に興味がなさそうに、居眠りをしている人が居ましたね。

一方で、目を輝かして、知識を一杯吸収しようとした20から30代の若者も居ました。この人達を観て思う事は、これからの時代を生きて行く為には、年齢に関係なく常に知識を貪欲に吸収していく姿勢、努力が必要だと思いました。

その時居眠りをししていた人は、50代半ばで、私と同じ、でもその人からはあまり活気が見られません。もう学ぶ事に疲れたのでしょうか? 

どんな年齢でも、学ぶ姿勢、努力をすべきです。常に前向きに、ポジティブに行きたいものですね。

posted by お坊 at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

物事の考え方

今新しい物事やビジネスを考える時、どうしてもありきたりな、誰かのものまね、ひとりよがりな事に陥りやすいですね。

人が集まって何らかのプロジェクトを起こそうとしても、上記の3つの壁、「ありきたりの壁」「ものまねの壁」「ひとりよがりの壁」にぶち当ります。それをどう打破するか?

ある本を読んで、というより受け売りですが、非常に良い発想法を紹介します。それは3Sフレームワークという発想法で、Surroundings(環境)、Soil(土壌)、Sun(太陽)という3つのSを考える事です。

環境、つまり、自分たちの周りにある関係性、背景、環境、人のネットワークなど、のメリットを考えるのです。

土壌は、自分たちの中に在る価値観、例えば地域の昔からある歴史観、考え方などです。つまり、自分たちのぶれない自分軸からの発想です。生まれ持った、代々継がれてきた考え方、価値観。

太陽は、自分たちの前に在る目的です。皆が目指す「あるべき姿」「夢」ですね。これを見つける事で、皆の共感を導けます。

この3Sフレームワーク思考で、上記の3つの壁を打破するのです。

それぞれのSは、前々回書きました「コミュニケーション」での物理的に認識できないもの(コンテキスト)です。環境は、その土地の雰囲気、癒しの空間、自然の空気、人情味、愛情、、です。土壌は、漢字そのものの意味で、その土地にしかない栄養分(価値観、考え方)で、例えば、”会津人気質”などです。太陽は分かりますね。

このような発想法はオンリーワンを創造できます。こんな発想で、日々色々考えております。そのためには、自分の頭で自分の周りを観察して、自分自身の問題として、自分と回りの関係性について考える必要がありますね。

関係性とは"目に見えるもの""見えないもの"すべての関係を言います。関係は"見えるもの(物理的に認識できるもの)"を意味します。例えば、神との繋がりは関係性です。神は見えませんからね

(出典:「コンテキスト思考」東洋経済新報社刊より)
posted by お坊 at 11:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

マーケティングの新しい流れ

今朝(11月22日)の日経のコラム(春秋)にこんな事が書いてありました。

これから電気店が力を入れるべきなのはデジタル情報機器でなく、アナログ技術を生かした家電だ。秋葉原で長く店を構える老舗企業の幹部はそう力説する。観光や仕事で日本を訪れる外国人との商いに関し、そう思い至ったという。

この記事は、その後に「理由は〜」と続くが、理由は端的に言えば競争優位性です。デジタル情報機器は、最初は売価も高く、そしてよく売れるが、直ぐに値が下がり(5分の1位に)、薄利多売に追い込まれますね。海外に手強い競争相手がいるからです。ノートPCがそうですね。

アナログ技術を生かした家電、例えば電気炊飯器、これが今売れている、それも3万円から4万円の高いものが人気だそうだ。日本人がおいしいさという感覚的魅力を追求し、釜の構造などのアナログ部分の改良を重ね続けての結果です。日本のおいしいお米とこの高価な電気炊飯器の組み合わせは、世界中の日本食ファンに浸透中だそうです。このアナログ技術はなかなか真似できません。つまり、競争優位性があるわけですね。販売価格も維持できる。

これからの時代、手作り感覚なアナログ技術と本物の感性が求められています。これに対応したマーケティングをマーケティング3.0と言うそうです。これからのビジネスのヒントになると思いますね。

マーケティングの大御所、コトラーは、

これからの時代は、頭だけでなく心と魂がないとビジネスはやっていけない、顧客だけでなく、社員、取引先、株主、社会に対して自分たちが何を大切にして生きる集団かをきちんと分かってもらう必要がある。

と説いています。これからの時代のキーワードは「生身」「本気」「本物」だそうです。

posted by お坊 at 23:29| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

コミュニケーション

最近、私生活や仕事上でコミュニケーションが上手く行かない、という話をよく聞きますし、研修などでも相談をよく受けます。

確かに、Twitter、携帯電話など通信手段は昔に比べると格段に進歩したと思います。そして、思い立ったときすぐに相手と連絡も取れます。そう言う意味では、時間、距離の概念が変わって来ていますね。

でもどうでしょう? コミュニケーションとは、双方向の情報空間の共有ですが、この情報空間には、物理的に認識できるものと認識できないものがあります。

たとえば、音声、文字、数字など目に見える、耳に聞こえるなどのものが物理的に認識できるもの、一方、背景、文脈など(読書での文字情報でなく、その裏、背景に在る行間です)が物理的に認識できないものですね。

今の世の中、デジタル化が進み、物理的な感覚が求められ、一方でアナログ的なものが退化しています。また、飲み会などでの世代間での交流も少なくなっています。そのため、お互いの、"あんうん"の呼吸がなくなり、コミュニケーションの共有空間が、物理的に認識できるものが主体となっており、これがコミュニケーション・ギャップの主要因になっているような気がしますね。

こんな時代だからこそ、必要なのはアナログ的なものの共有化ではないでしょうか? デジタル的なもの(0か1で認識する)や物理的な認識だけでなく、アナログ的なもの(0と1の間には無限の数時が存在する認識)や物理的に認識できない感覚的なものを含めた空間の共有化を重視すべきでしょうね。

問題:"大関が名古屋で優勝した。"は、どんな意味合いでしょうか? そう、相撲さんをイメージしますね。でも、大関さんという人が、名古屋で、何かの大会で優勝したとも、捉える事が出来ますね。このメッセージを共有化するには、背景の説明が必要ですね。

ビジネスにおいても、この物理的に認識できないもの(コンテキストと言います)を考えるとオリジナルなビジネスモデルが出来ますね。物理的に認識できるもの(コンテンツと言います)主体では、直ぐに真似されます。つまり、競争優位性がないという事です。

"観光"という言葉は、"光を観る"ですね。観光地のもの(コンテンツ)を観るのではなく、光つまりその土地の歴史的背景、癒しの空間、もてなしなどの見えないものを観る(感じる)ことです。日本語の漢字は物事の本質を表していることが多いですが、その1例ですね。

(出典:「コンテキスト思考」東洋経済新報社刊より)
posted by お坊 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

色即是空 空即是色

今の世の中は、変化の激しい時代ですね。

各個人は、何らかのエネルギーを持っているが、外に出す方法がわからない。部屋にこもって、じっとしていたり、携帯、ゲームで楽しんでいるだけ。

一方、エネルギーが充満して、そのはけ口で、色々な事をしてしまい、事件となったり、ベンチャー企業を立ち上げたり、でもそれがなかなか長続きしない。正に、般若心経(はんにゃしんぎょう)の”色即是空、空即是色”の世界ですね。

”色即是空(しきぞくぜくう)”とは、形になった状態が壊れて、エネルギーが満ち満ちた状態に戻ることを意味します。規定の概念が崩壊して、自由な発想、たとえば、ライフスタイルなど、で自分のエネルギーを自分のために使える。外部の管理、支配でエネルギーを消耗することが少ない。

”空即是色(くうそくぜしき)”は、エネルギーが満ち満ちた状態から形が生まれること。各個人の能力を活かし、グループ(チームワーク)で、何かに向かって、成果を得ることで、たとえば、日本サッカーのワールドカップでの活躍ですね。個の力(エネルギー)を一定方向に向かわせ、全体的エネルギーとして集中させ、行動させ、結果を得ました。

”空”と”無”は違います。”空”はエネルギーがあり、個でも動いている状態ですが、”無”は、エネルギーもない動いていない状態(死の状態)ですね。それ故、そこからは何も生まれません。

川の流れの小さな渦です。現れては消え、消えては現れる。それは、川という水の流れ(エネルギー)があるから、渦が生じるのです。これが、今の世の中です。色々なものが現れては、すぐ消える。このような状態をカオス(混沌)と言いますね。

混沌を無くすものが、リーダーシップと言われるものです。個々の渦や泡を人間個人とすれば、各個人はそれぞれ息をしており、つまりエネルギーを持っているわけですね。でも、その人が、どの方向に行ってよいか、メンター(リーダー)がいないと動けない、または、なるがままに行動している状態、それが混沌です。

この各個人に方向性を示し、自らも先頭で動くような、リーダーシップを持つ人がリーダーですね。強力なリーダーシップとは、みんなを同じ方向を向かせるだけでなく、みんなの視線、つまり、エネルギーを一点に集中させることができる場合ですね。

そして、リーダーが個の集合、つまりチームワークを引っ張っていかないと、その形(組織)が持続しない。これが今日の状態ですね。強いリーダーシップを持った優れたリーダーの出現が必要です。特に地方においては、

また、これからは、みんなのリーダーからみんながリーダーになる時代です。つまり、自分がしたい事を中心に自分ができることをすることで、その分野、役割についてリーダーとして行動するのです。ある時は、リーダーに従って行動するフォロワーとして、ある時は自分がリーダーとして他を引っ張って行く、そんな思考が必要になりますね。それには、自分の頭で考え行動する必要があります。そして、学習をしないといけませんね。

(出典:「大逆転のリーダーシップ理論」藤原直哉著、三五館刊より)
posted by お坊 at 18:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。