2011年02月26日

行動・言葉・思考の業(カルマ)

"「超訳 ブッダの言葉」ディスカヴァー刊"をパラパラと眺めてみた。その中に、

「行動と言葉と思考が業(カルマ)になる」という言葉を見つけた。自分の心にとても響きましたね。 

この本の超訳では、

ネガティブな行動やネガティブな言葉やネガティブな思考を行うくらいなら、何も行動せず、何も言わず、何も考えないほうが優れている。

なぜなら、それらによるネガティブな業(カルマ)のエネルギーは心に蓄えられて、あとになってから自分を苦しめるのだから。

ポジティブな行動・言葉・思考を行いたくなったときは、なんでもいいからとにかく実行したほうが優れている。あとになってから苦しむことがないのだから。


自分のこれまでの経験から、この言葉はとても的を得ていると思います。ポジティブでも、ネガティブでも、両方とも行動・言葉・思考を行ってしまう。そして、あとになって、ネガティブなものについて後悔をする、それだけならよいが、ずっとあとに引き続けますね。

そうか、ネガティブなものは何も行動せず、何も言わず、何も考えない?
でも、現実には難しいな? どう克服すればよいのかな? 人生の課題???

私は、このポジティブ、ネガティブな行動・言葉・思考の前に、正しい価値観が必要だと思います。それが前提でないと、欧米の金儲け主義的ポジティブな行動・言葉・思考につながり、それを先導した人たちには後悔もありません。村上ファンド、ホリエモンもそうですね。

なぜなら、”自分独り占めの金儲けは、正しい”、つまり、”金儲けて、何が悪いんだ!”、ということで、これが、かれらの考える、正しい価値観??ですね。

まずは、何が、人生における正しい価値観なのか、ミッションを考えることです。

欧米ではポジティブ・シンキングが盛んですね。

でも、一方で弊害もありますね。多くのポジティブ・シンキングの本等で、正しい価値観を付加していない、そのため、いけいけどんどんで、それが社会に負の影響を及ぼす場合ですね。しかし、本人には自覚がない。

ポジティブな行動・思考ですから、あとになっても苦しむ必要がないですからね。たとえば、金融商品の過度な販売、過度の一人よがりの考え方・行動(個人主義)、、、

最近は、米国で、正しい哲学を前面に押し出し始めましたね。


posted by お坊 at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。