2010年12月23日

デジタル化の波に思う

ここ2日間、六本木ヒルズ49階のアカデミーヒルズで仕事をしていました。仕事の合間に、ここのフロワー(会員制の民間図書館)で現下の東京の街並や周りでPCなどのデジタル機器に夢中になっている人達を観ながら、ふと考えました。

昨今、電子書籍が世界的に普及し始めています。私自身もキンドル、iPAD、iPhoneを購入して、その恩恵に預かっています。とても便利です。デジタル化の波による恩恵です。でもどうんんでしょうか?

本の電子書籍化などアナログからデジタルへの変化はますます増える傾向です。それとともに人間個々のアナログ思考の格差が拡大しそうです。アナログ思考の格差での、健康面が気になりますね。仕事上の精神的ストレスが増えてくるような気がします。特に都会(集中したビジネス社会)では、

今迄はデジタル格差と言われて来ましたが、誰もがデジタル化の恩恵を得ルようになる。デジタル機器の使いやすさ、デジタルが故に低価格化になるからです。デジタル・デバイドという問題は軽減しますね。

そんな中、物理的に認識できるが、物理的に認識できない部分、つまり感性、創造性、雰囲気などの目に見えないものへの捉え方がますます退化しそうです。また、自分で考える事が少なくなる。何か分からない事が在るとすぐにインターネットを経由しての情報検索に入る。本来であれば、検索時間という考える時間を得られ、その時間が考える時間となるのだが、

安直に答えを得ようとする。またある程度短時間で得る事が出来る、そんな時代になるでしょうね。自分の頭のキャパ以上の情報過多による、余計な情報を受け付けないという情報ストレス障害が起ってくるでしょう。ある面、私がそうですが、時々、まったく情報を受け付け無い、ぼっーとしていたいという気持ちがありますね。それが自然への憧れに繋がります。

一方で、地方のビジネスチャンスでもあります。デジタル世界では情報はどこでも、いつでも得られます。しかし、この為に体(精神)というものの消耗度が激しくなり、ますますストレスが溜まるでしょう。癒し、健康への関心や興味が高まります。そして自然への懐古が、都会のコンクリートジャングルから自然のある世界にと、、

その為にも、都会からの地方への回帰現象が起こり、地方の人口増加に繋がり、また癒しや健康としての地方都市の価値が高まる気がしますね。実際、世界的な現象になって来ています。アナログからデジタルに、と同時に都会から地方に、この2つの総和は人間の付加価値の最大化に繋がるからです。つまり、数字的(見えるものを重視した)な欧米的思考と自然(見えないものを重視した)を意識する東洋的思考の融合になり、バランスの取れたものになりますね。
posted by お坊 at 09:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。