2010年07月17日

暖かく、優しい、柔らかな心

タオ(老子)は、”優しい柔らかな心(光)が最も強い力”だと説いていますが、この力こそ、宇宙のエネルギーと一体化したものだと、私は思いますね。

自然と一体化した意識(自然:じねん)、つまり、すべてに生命が宿している、そして、それらに見守られ、助けられている、そのような意識を持つことで、すべてに対しての感謝の心を持つようになる。

そして、暖かく、優しい、柔らかな心を自分の中に宿し、宇宙と一体感が生まれる。これが”何ものにも負けない強い心(不動心)”になるような気がします。ぜひ、感謝の心を持ち続けたいですね。

タオ(加島祥造著、筑摩書房刊)より

第36章 優しい柔らかな光

道(タオ)というのは、
とても微妙な働きのものだ。
しかし、よく見れば、明快なんだ。
世の中はどんなふうに動いていくかが、
見えてくる。

勢いづいているものは、
それをさらに勢いづかせると、
早く萎(しぼ)むことになる。
強大な権力には、
もっと強い力を持たせると、
いっぺんに崩れ去る。

流行しているものは、もっと流行(はや)らせれば、
たちまち消えてしまう。だから、もし
奪いとりたいものがあったら、それに
まずたっぷり与えることさ。

柔らかなものが、
固いものに勝ったり
弱いものが
強いものに勝ったりするのも、
みんなこの微妙な働きからくるのさ。
それは優しい柔らか光なんだよ
どんな強い力よりも勝るもの
魚が深い淵にいる時、
静かに生きて動いている
あの動きなんだよ。
あの光なんだよ。

ぎらぎらした武器をみせつけて、
脅したり強がったりしたって、
長つづきはしないんだ。


いかがでしょう? タオは説いています。 どんな時代でも、強い力での支配は長続きしませんね。 今のアメリカです。もう、経済的にも、軍事力でも衰退が始まっていますね。歴史を見れば、わかります。ローマ帝国、オスマントルコ、、

また、世の中の動きの真理を説いてますね。
posted by お坊 at 21:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。