2010年07月04日

背中が語る

儒教では、"人間は面より背の方が大事だ"と言います。

儒教の"儒"は、思想とか学問が単なる知識や趣味に止まらずに、身につく、体になる(体と渾然一体になる)、という意味ですね。

孟子は、"面に見(あらわ)れ、背にあふる(現れる)"と説いています。つまり、孟子はその人の学問が深くなり、一流のものになれば、その人の性命(渾然一体の風格が出る)になる、ということです。まあ、背中から"オーラ"を発するようになることですかね。

徳や力というものは先ず面(表)に現れるが、次ぎにそれが背中、つまり後姿に出て来てこそ本物になったと言えます。後光が射すと言いますが、前光より後光ですね。

それ故、人を観るときは、前より後から観るのが良いと、儒教では説いていますね。前はつくろうことが出来ますが、後はごまかすことは出来ません。

後姿の寂しいというのは何よりも良くありませんね。私も、会社を辞めて、道(志)を探し求めていた際、娘にこの言葉を言われましたね。ショックでした。いつも、自信を持って行動していましたからね。

また、会社時代、東京日比谷の国際ビル(帝国劇場が入っています)の地下の駐車場に行く際、エレベーターで帝国劇場の出演者とよく一緒になりましたが、確かに、一流の俳優さんは違いますね。オーラが凄いです。こちらが狭いエレベーターの中で、怯みますね。

特に、すごいなあ、と思った人は、森光子さん、北大路欣也さんなどですね。
posted by お坊 at 13:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。