2011年03月09日

「こころ」と「かたち」

日経の先週土曜日夕刊に「誰も教えてくれない男の礼儀作法」小笠原敬承斎著、光文社新書の広告がありました。

礼儀作法について興味があったので、本日購入して読んでみました。小笠原流礼法については礼法のめんどくさい決まりがあるんだな、くらいの知識を持っていたが、その由来は知らなかったですね。

室町時代、足利三代将軍義満の命で、今川氏、伊勢氏とともに、武士の一般教養を目指して、「三議一統(さんぎいつとう)」の編纂が行われ、これが今日の小笠原流礼法の基礎になっているようです。

実際には、約700年前に確立された、この武家の礼法である「男の礼儀作法」は門外不出のもので、先代の宗家から漸く、少しずつ伝え始めたみたいで、この本で、一般の方にも初めて公開されたようですね。

この本の中で、上記の「こころ」と「かたち」が礼法でも重要だと認識できました。「かたち」はいつも流動的で、柔軟なもの、で、特に大事なのは”相手を思う「こころ」だ、と言うことです。

いつの時代においても、相手を大切に思う「こころ」が存在することに変わりなく、「かたち」は時間・場所・状況に応じて流動的に、臨機応変に、柔軟に対応すべきである、と著者(現宗家)は説いています。

すべての作法の根底に流れている前提は「こころ」です。「こころ」があって、「かたち」がなされますね。正にサービスの基本ですね。

つまり、人と人との温かいコミュニケーションを大切にし、マニュアル等による行動・行為は2の次だ、と言うことですかね。いつの時代も人の温かい心が一番だと、再認識させられました。
posted by お坊 at 06:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

人を育てる

人を育てるには、大きく3つのプロセスがありますね。

基本的な事を教える
その人に合ったやり方を個別で教える
自分で学ぶ方法を教える

基本的な事は、学校などでの学びで、平均的な、標準的知識、考え方、生き方を、教師が多数の生徒に、やや一方通行で伝えていくモノ。

さらに、ある程度学ぶと、それぞれ各人の考え方、職場の考え方に基づきながら、個別対応の双方向の気付かせること主体の育て方です。

最後は、自分で、問題を見つけ、課題を考え、その解決方法を自分の
頭で考えられるように、誘導して行くことですね。

この3つのサイクルをスパイラルに繰り返して、させて、本人の育成を図ることだと思います。教える側の「愛」が必要ですね。

初めの方法を「ティーチング」、次を「コーチング」と言います。また、職場では、初めの方法を「Off-JT(off the job training: 仕事としてセミナー等に参加する)」次を「OJT(on the job training: 仕事の中で指導されながら覚えて行く)」、最後を「自己啓発」と言っています。


この「コーチング」における3つの原則があります。


1.指示命令するのではなく、相手の自発的行動をうながす。

2.答えを与えるのではなく、相手に考えさせ、答えを見つけ出させる。

3.相手の可能性や潜在能力を信じ、それらを最大限に引き出すためのサポートをする。


この3つの原則を常に頭に置いて、人を育てる事が大事ですね。


posted by お坊 at 22:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

組織や家庭の活性化

最近、人材育成について講演をする事が多い。

その中心テーマは、自部門の活性化をどうすれば良いかですね。

自部門の活性化には、2つの事が必要不可欠です。それは、チームワーク力(組織力)と個人の業績アップです。

サッカーの例を考えてみましょう! 昨年のワールドカップを思い出してみると、まずチームワークによる戦力アップとそれぞれ個人の体力アップ(あたり負けしない)と技術力アップですね。この2つの能力アップをバランス良く、同時に行うことです。

チームアップ力(組織力:1+1+1>3)は、

 1.共通の目的
 2.役割分担を明確化(貢献意欲を出させる)
 3.風通しのよいコミュニケーション(情報の共有化)

の3つが必要です。

たとえば、家庭で考えてみると家族の目的(ベクトルを合わせる)、つまり、家訓みたいな考え方(会津魂など)を常に熱く家族に語り、そして、役割を考えさせ、それを基にみんなで行動する。嘘隠しなしのコミュニケーションを図れば、家族としての力がアップしますね。

反対に、家族のそれぞれがバラバラな考えでは、家族としてまとまりの在る行動が出来ません。昨今、これが大きな問題になっていますね。

次ぎに、個人の業績(能力)アップですが、それは,

やる気 x スキル x 仕事の内容(質 x 量)

ですね。

やる気、スキルを起こさせるには、褒めることです。そのためには、観察力が必要で、長所、技量などについて、何が良いのか認識すること、時系列に認識して、何時のときより良くなったかを指摘できるようにする事ですね。それにより本人も自覚できるし、努力目標を設定できます。

仕事についても、本人の仕事の出来を確認しながら、本人を褒めてより高いレベル(質)やより範囲(量)を広げるようにする。これらにより個人の業績アップへの努力が一層増します。

反対に、悩んでいるときは、どこまで出来ているか確認し、本人にここまではOK、さらに良くするには、xxxの助言をして行く。そんな方法が効果があります。

個人については、ほめて、ほめて、助言や注意をし、時には叱る、こんな感じで、本人を乗せることですね。

この2つ力(組織力、個人力)は、家庭でも組織でも共通するものですね。

posted by お坊 at 10:51| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。