2011年02月26日

行動・言葉・思考の業(カルマ)

"「超訳 ブッダの言葉」ディスカヴァー刊"をパラパラと眺めてみた。その中に、

「行動と言葉と思考が業(カルマ)になる」という言葉を見つけた。自分の心にとても響きましたね。 

この本の超訳では、

ネガティブな行動やネガティブな言葉やネガティブな思考を行うくらいなら、何も行動せず、何も言わず、何も考えないほうが優れている。

なぜなら、それらによるネガティブな業(カルマ)のエネルギーは心に蓄えられて、あとになってから自分を苦しめるのだから。

ポジティブな行動・言葉・思考を行いたくなったときは、なんでもいいからとにかく実行したほうが優れている。あとになってから苦しむことがないのだから。


自分のこれまでの経験から、この言葉はとても的を得ていると思います。ポジティブでも、ネガティブでも、両方とも行動・言葉・思考を行ってしまう。そして、あとになって、ネガティブなものについて後悔をする、それだけならよいが、ずっとあとに引き続けますね。

そうか、ネガティブなものは何も行動せず、何も言わず、何も考えない?
でも、現実には難しいな? どう克服すればよいのかな? 人生の課題???

私は、このポジティブ、ネガティブな行動・言葉・思考の前に、正しい価値観が必要だと思います。それが前提でないと、欧米の金儲け主義的ポジティブな行動・言葉・思考につながり、それを先導した人たちには後悔もありません。村上ファンド、ホリエモンもそうですね。

なぜなら、”自分独り占めの金儲けは、正しい”、つまり、”金儲けて、何が悪いんだ!”、ということで、これが、かれらの考える、正しい価値観??ですね。

まずは、何が、人生における正しい価値観なのか、ミッションを考えることです。

欧米ではポジティブ・シンキングが盛んですね。

でも、一方で弊害もありますね。多くのポジティブ・シンキングの本等で、正しい価値観を付加していない、そのため、いけいけどんどんで、それが社会に負の影響を及ぼす場合ですね。しかし、本人には自覚がない。

ポジティブな行動・思考ですから、あとになっても苦しむ必要がないですからね。たとえば、金融商品の過度な販売、過度の一人よがりの考え方・行動(個人主義)、、、

最近は、米国で、正しい哲学を前面に押し出し始めましたね。


posted by お坊 at 11:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

基礎を学ぶ

昨日の日曜日は、関東地方はどんよりとした曇りから夕方雨に変わりましたね。

ところで、時々原点に戻って、色々な分野の基礎知識を見直してます。難しいことを知っているが、意外と異本的なことを忘れています。

ゴルフと同じで、時おりスランプがきて、スコアが安定、いや極端に割る子なります。そんな時、基本に戻る、つまり、ゴルフ練習場で、ピッチング、9番アイアンで、何球(トータル1000発ぐらい)を軽いスイングで、同じ目標に打ち込むコントロールショットをしますね。

これと同じで、基礎知識についても、見直すのです。その良い方法として、NHK高校講座の教育テレビ版を利用しています。テレビでなくインターネットで見るのです。テキストもいりません。「学習メモ(PDFファイル)」「理解度チェック」「内容を見る」で、要点などが記されており、それと画像を観て知識を得ることができますよ。コストが掛からず、役に立つ、良いですね。

 http://www.nhk.or.jp/kokokoza/

特に、日本史、世界史、地理、情報Aはお勧めですね。1講座30分ですから、ちょっとの時間に観るのに適しています。

この基礎知識をベースに、それが正しいのかを、実際に適合しているのか、今はどうなのか等を自分の頭で考えることが必要です。

歴史は繰り返すと言いますが、今の時代は「応仁の乱」(1467-1477)の時代に似ています。この辺を理解すると面白いです。中央政府(室町幕府)の崩壊から地方の時代、そして戦国時代への変革を促した時期ですね。


posted by お坊 at 01:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

まともなメディア

最近のメディアの中で、珍しくまともな正論を吐いているところがあります。電通の影響がないのかな!

BSII(BSイレブン)ですね。水曜日夜の報道番組"INsideOUT"、この番組は結構面白い。他のメディア、特に地上はの報道と違う、故に比較して観てみると自分の頭で考えるときの参考になります。

キャスターは、小西克哉氏で、私が以前から気に入ってますね。
で、2月16日の番組で、「アメリカとともに沈みゆく」というタイトルで放送され、とても平易に、今の日本、およびアメリカについてまともな解説がされていました。トータルで30分強ですので、ぜひ、ご覧頂き、他のマスコミ報道との違いを肌で感じると良いと思います。

この番組に出てくる、カレル・ヴァン・ウォルフレン氏については、昨年12月19日のこのブログの「日本の現実」で紹介しています。

@http://bit.ly/glsWEJ Ahttp://bit.ly/hPr77W Bhttp://bit.ly/ehaGFb
posted by お坊 at 07:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

人にメッセージを伝える

パワーポイントによるプレゼンテーションの研修を行うことが時々あります。最近、このプレゼンテーション研修の需要が高まって来ていますね。皆さん、人にメッセージを伝えることに悩んでいるようです。

特に、中高年の管理者が若い人に交じって受けています。理由を聞くと、自分の仕事のプロモーションにパワーポイントを使い、話す必要に迫られているからだそうです。

実際、研修をすると、PCですぐに資料を作成することを想定します。でも、まず、メッセージを伝える相手がだれか、何を求めているのか、それに対してこちら側が、何を提案でき、相手にどんなベネフィットをもたらすのか、それらのことをストーリーとして、シナリオ、および、それに適した図(コンテンツ)を紙の上で考えることですね。

戦略論に"ドメイン"という言葉があります。これは、誰に、何を、自分の強みをどう生かして行うか、を考えることですが、このドメインが、プレゼンテーションでも大事です。このドメインを十分に練ることです。

USでは、カフェテリアで、紙ナプキンの上でこれをやることが多いですね。実際、私も、USでよくやっていました。これでビジネスが成り立つ場合が多いようです。

3つのキーワードを考え、それを初めの部分、其々のパートで、そして、最後のまとめで、繰り返し、語ることです。そして、まとめで、相手に行動をとってもら得るように、再度、”どうでしょう?〜”のクロージングをすることですね。

メッセージとは、相手に何かをしてもらうように、提案することですからね。その確認をしないと、プレゼンテーションにはなりません。ただのお話で終わりですね。


posted by お坊 at 15:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

本音(自分の思い)で生きる時代

我が実家の宗派である浄土真宗の創始者、親鸞さまの言葉に

 「一枚剥けば欲の皮、二枚剥けば嘘の皮」

というのがあります。人間みな虚栄心、劣等感、放漫な心などを内面に持ち、現実の世界との葛藤をしています。それは煩悩、つまり欲望にとらわれた「厭な自分」を見つめていることですね。

小さい時の素直な、自分の思い通りに行きたい(最近の子供はもっと現実的になっていますが)、そんな心を持っていましたが、大人になるつれて、だんだんと自分の本心に鎧を被せていき、何重もの鎧に覆われています。それが親鸞さまの言葉の意味ですね。

特に、20世紀の物事の考え方は、”形から入って、そこに魂(こころ)を入れる”モノでした。たとえば、建物を作る場合、箱を作ってから、それから中のものを考え、取り入れていく、あるいは、企画を考える場合、戦略的なフレームワーク(枠組み)を考えて、そこに中身を入れていく。

私の20年以上くのビジネスパーソン時代も、自分の思いというより、会社の思いを優先し、当時のCM”24時間働けますか?”の会社にんげんでしたね。周りの人たちも、同じ思考で、みんなで一直線でした。自分の生き方で生きる人生は、異端児と思われていましたね。

でも、これからの時代、自分の思いで生きていかないと、難しい時代だと思います。既成の概念が通用しなくなっている、つまり、皆が一緒の考え方、行動がやや異端児とみられるようになるような気がします。

自分の個性を生かした、そんな生き方を考える必要があります。一方では、マスコミ等を利用して、一律な考え方(自分で考えない)を強要して、既得権者たちの捨て駒にしようと企んでます。IT社会のメリットとデメリットです。自分の思いを発信でき、共感によるネットワークと過剰な情報発信による”偽情報も百回聞けば、正情報になる”ですね。

これから時代、まず自分の思いを明確にして、それから自分の人生を考え、行動することですね。そして、日々、喜び、楽しめることで、余計な煩悩、欲望を持たないようにすべきです。

それには、開かれた思考(自分にできることを考える、Could,Can)、開かれた心(〜すべきという内なる声に傾ける、Should)、開かれた意志(からしようとする意志、Would,Will)を考えるとよいと思いますね。

中身から入って、成長させ、それに合った鎧(形)を作っていくのです。
posted by お坊 at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

発想・企画法を考える

このような研修を色々な企業、公官庁等で行いますが、皆さん非常に困っていますね。

こんな時、私が提案するのが、時間で考えてみること、です。大抵の本には、価格や商品・サービス、顧客層等の軸で考える事が記されていますが、それに時間も含めるのです。

"時間で考える"を簡単に羅列すると、

1.時を縮める(時間を節約できる)
ファーストフード、インターネット、添付ファイル、宅配便など

2.時を限定する
キャンペーンセール、早割、閉店セール、ギフトキャンペーンなど

3.時を消費する(時間を敢えて、ゆっくり満喫できる)
エステ、貸し別荘、貸しリゾートマンション、長期豪華船の旅、スポーツクラブ、ネイルサロンなど

4.時を広げる(好きな時間に)
コンビニ、デリバリーやケータリング、消音楽器(夜にできる)、ドンキホーテ(24時間営業)など

5.時を創る(余計な時間を消費せずに、時間が創れる)
ネットショッピング、キンコーズ、中食、洗濯乾燥機、食器洗い機などの便利品、サービス

6.時を重ねる(同時にできる)
eラーニング、iPod、駅ナカのサービス、インターネットバンキングなど

7.時をずらす(今遣りたいことを優先できる)
電子メール、ストリーミング、ハードディスクレコーダー、デルコンピューターなど

8.時を確定する(自分の時間に合わせられる)
デジタル家電、できたて商品、1回転レストラン、時間指定サービスなど

どうでしょう? "時間"を考えてみると、また違った発想・企画が考えられますね。

posted by お坊 at 13:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

自然を慈しむこころ

私の好きな日経夕刊1面下の「あすへの話題」というコラムで、先日「宗論」の題で、文化庁長官 近藤誠一氏が書かれていたものに非常に共感を感じましたね。


"外務省の文化交流部長時代に、インドネシアのイスラム学校の高校の先生一〇名を招いた。日本の教育や文化などへの理解を深めてもらうためだ。

滞在を終えた一行の団長が言った。「比叡山の森に一番感動しました。そこには神々が宿り、そこに日本人の精神性の原点を感じたからです。そしてそれはイスラムの教えにも通じるのです」。敬虔な一神教のイスラムびとは、無宗教にみえる日本人を内心軽蔑するのではないかと恐れていた私は驚き、無知を恥じた。彼等は比叡山の森に、言葉にならない何かを肌で感じたのだろう。これはインターネットで映像をみただけでは得られない体験だったに違いない。

『宗論』という狂言がある。異なる宗派の二人の坊さんが旅で一緒になるが、宗派の正当性を巡って言い争いになる。喧嘩は次第に熱を帯び、自分の宗派のお経を大きな声で唱え始める。

興奮した二人は遂に踊りだす。そのうちいつの間にか互いに相手のお経を唱えていることに気づく。二人は我に返り、所詮ともに仏に仕える身と悟り仲直りをする。

他愛のない話だが、これは人間の料簡がいかに狭いものになり得るか、そして日本人には自己の信条に必要以上にこだわらず、立場の違いを理解し、共存を求める資質があることをも示している。これはインドネシアの先生の体験に通じる。比叡山は法然、親鸞など多くの異なる宗派の開祖を生み、そしてイスラムという全く異なる宗教を信じるひとにも感動を与えた。

この日本人のおおらかさ、それを育んでくれる自然を慈しむ気持ち、これこそ宗教・民族紛争や環境問題に直面する今の世界が必要としている心なのではないか。"


このコラムの最後の部分、非常に共感を感じますし、これがこれからの時代、必要な考え方のような気がします。それ故、森羅万象に対しての感謝の心、"おかげさまで"(特定しないものに対しての感謝の念)という昔からの日本の挨拶が大事ですよね。
posted by お坊 at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

最近の宇宙論は、

私は、昔から宇宙に憧れており、小学生のころ家の近くの田んぼに立ってよく星空を観ていました。

天の川の美しさに魅了されていましたね。そのくらい空が澄んで、明かりも少なかったということです。その後天文学を目指した?が色々あって、コンピューターの道に入っていきましたが、今の目標として、来年、放送大学に入学して、天文学を勉強しようと思っています。今年は、自分の仕事で、アップアップの状態ですので、、

で、先週末に時間があったので、自宅で天文学(宇宙論)について2,3冊読んでいて、感じたことを記します。

我々は、今まで宇宙というと、膨張宇宙という、風船が膨らんでいく、その表面に、またその中で漂っているのが、銀河(太陽系みたいな恒星(太陽)を中心として周りを惑星が回っている軍団の集合体)で、その銀河同士の距離が離れていく、そんなイメージを習ってきました。

それは、アインシュタインの相対性理論やホーキングの理論(ブラックホール)から導かれたものです。でも、最近の研究で、この膨張宇宙論に???が出始めています。

アインシュタインの相対性理論が出る前は、宇宙はエーテルという物質に満たされており、それが糊の役目をして、銀河が固定されているというイメージでした。たとえて言えば、海ですね。海水に満たされており、その中で魚や藻などが漂っているイメージですね。

しかし、そのエーテルの存在が否定され、糊の役目がなくなり、膨張するという考えをしないと、エネルギー的な問題(地球のような自転、周回運動等)の解決に結びつかないからで、現実的でなくなってしまったのですね。

でも、量子論(原子の構造を探る学問)の発達で、これには日本人がかなり貢献してますね。ノーベル物理学賞を得た、湯川秀樹、朝永振一郎はじめとする人たちの活躍がありました。

これらの量子物理学の研究成果に基づいて、近年、宇宙とはある物体(ダークマター:暗黒物質)に覆われており、そこに銀河が漂っている(糊付けされている)、またその暗黒物質にはエネルギーが充満しており、これが宇宙全体の運動に貢献している、と考えられるようになってきましたね。

つまり、古来探し求めてきたエーテルに満たされた宇宙論に回帰してきていると言うことですね。

”すべての銀河は、目に見える星たちの5倍から10倍の質量(目に見えないエネルギー)が周りを取り囲んでいる”ということで、真空と思われている空間に見えない物質(現時点では存在の証明が出来ない)が存在し、エネルギーが存在していると言うことですね。

天文学者は、この暗黒物質の存在を証明するため(計測可能な状態に)に懸命になって、世界中で競争している状態です。まだ、理論的な計算上の認識だからですね。

仏教の経典「般若心経」で、”色即是空、空即是色”がありますが、まさにこのことを表現しています。空は無であり、色は形ですが、見えないがそこには物質が存在し、エネルギーがあり、そこから星が誕生する。見えないがそこにはエネルギー(物質)があり、いつでも形になる(星になる)、そして、やがて爆発して、無になる。でもエネルギーが残る。

これを拡張すれば、人間が誕生し、死するも、エネルギーは空間に残る、それが情報のエネルギーであれば、古来伝わる知恵となる?

そんな妄想?を読書しながら先週末の1日に考えていました。こんな時間が好きですね。
posted by お坊 at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

TPPを考える

今国会、マスコミ等で大々的に論じられている話題の1つがTPPですね。どうなんでしょう? 話題が農業問題にフォーカスされ、これをやらないと今後の日本の死活問題になるという論調になっています。もちろん、経済界は、TPPにより、工業製品の貿易自由化で、経済的効果を期待しており、推進しています。

しかし、このTPPの本質は日本の例外無き貿易自由化であり、有りと在らゆるものの自由化です。建築、弁護士、医療なども含まれてますね。

たとえば、米国の弁護士資格で、日本で弁護士活動が出来ることを意味します。でも、日本の弁護士資格では、米国では活動できない。すべて米国からの一方的自由化強制協定ですね。怖いです。

このUstreamの映像(2時間)の前半1時間をご覧下さい。マスコミで有名な浜矩子同志社大大学院教授の講演で、非常に分かりよい内容ですね。この映像は、国会議員のTPP勉強会のもので、その中で、浜氏はTPPを次のように説明しています。

"FTAやTPPは地域限定の自由貿易協定であるので、現実的には「地域限定排他貿易協定」と言うべきものであるので、そもそもWTOが持っている「自由・無差別・互恵」の理念に反するとも述べています。WTOの理念は、戦前のブロック経済化が第二次世界大戦を導いた反省の元に成り立っているので、ブロック化を促進するような排他性が入り込む協定は日本がとるべき道ではないとも。

「互恵」と「相互」の概念が現在混同されがちであると指摘しています。WTOの理念にある「互恵」とは「お返し」の論理であり、TPPなどにある「相互主義」とは報復的な論理で正反対のものと。"

http://www.ustream.tv/recorded/12439863

最後に、ぜひ自分の頭で考えてみて下さい。マスコミの論調の一方的受け入れは駄目ですよ。メリット、デメリットをよく考えて、そのトレードオフを考え、トータルでプラスになるのか、また、5年後、10年後でどうかについても考える事ですね。
posted by お坊 at 15:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。