2010年06月28日

相手に気づかせる

経営コンサルタントや研修講師などの仕事ををしていると、相手をどう理解させるかに神経を使いますね。

コンサルタントと研修講師の方向性の違いは、相手に答えまで提示するか、相手に気づかせ、相手に自分で解答を提示させるようにする、という点で、後者が研修講師の役割だと、私は思っています。また、実際そのような手法を採っていますね。

コーチングの基本も、研修講師とおなじです。ただ、個人対応、集団対応の違いです。コーチングは基本的に個人対応ですね。

相手に気づかせ、相手に自分で考えさせて、解答を提示させるようにするには、当方の忍耐と相手への愛情が必要です。また、それなりの経験と智恵を有し、ヒントにつながる具体的な経験談、事例を示し、相手が容易に理解できるように、適宜話しかけ、そして、沈黙をする。

沈黙することで、相手は自分で考えるようになる。会話、沈黙、の繰り返しですね。決して、ずっと会話してはいけません。解を教えたくなります。人間の心情ですね。我慢が必要ですね。

それにより、相手は自分の頭で、考え、そして、具体的方法を見出す。それをじっくり聞いてあげ、貶さず、褒めてやり、より良い方法をさらに考えれるように、具体的事例、体験談を示してあげる。とにかく、相手に自分で、考えさせるため、解答を安易に示さないことが、このプロセスで重要ですね。

このやり方で、研修後の実践行動が活性化している場合が多いようです。それは、自分で考え、具体的行動まで導いたために、実際に活用できるようになったのでしょうね。

上記の方法は、子供への教育、部下への指導などに応用できますね。この場合大事なのは、わずかな時間でもよいですから、頻繁に時間をとって、具体的事例、体験談語りかけることと相手の話を聞いてあげることですね。

こんな時代だからこそ、このような密なコミュニケーションが大事です。色々な問題の発生原因は、密なコミュニケーション不足からの場合が多いように思われますね。
posted by お坊 at 06:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

東京スカイツリーを観て思うこと

最近、東京スカイツリーの近く(墨田区)で、仕事をする機会が多く、その際よく眺めています。現在、398mの高さになっていますね。

http://www.tokyo-skytree.jp

このタワーを見て思うのは、人間の肉体と魂の関係ですね。現在、このタワーは、真ん中は空洞で、周りを鉄骨で組み上げられています。最後に、真ん中に巨大なセメントの心柱を通します。これは、日本の古代木造建築の手法を応用したもので、たとえば、法隆寺の五重塔の構造と同じですね。

1300年以上も地震等の災害で倒れずに、現在まで残っている法隆寺の五重塔の建築技術の素晴らしさ(心柱による揺れに対する衝撃に緩和、釘を使わない木材と木材の遊びによる色々な衝撃への緩和等)の現代的な技術承継です。もちろん、コンピューター、レーザー技術などの進化の賜物ですね。

このタワーの構造が、人間で考えた場合を眺めながら考えていました。回りの鉄骨による見た目(青空に白が映えて綺麗ですね)、これが人間での飾り立てた姿(外見)です。でも、現在の建設中のタワーは、心柱がなく、大きな自然災害に弱いですね。つまり、魂が入っていない。 

現在の経済状況のような外部変化への対応に弱い一般の人間の姿に似ていますね。でも、今後タワーの中心にしっかりとした心柱ができ(魂)、自然災害に対応できる東京スカイツリーになった時、外部だけでなく、その構造自体も生命を宿し、長く東京のシンボルとして、皆に慕われるでしょう。正に、内にも、外にも強い、志の強い人間の姿(生命体)になりますね。

同様に、人間も外部だけでなく、内面の充実を図ることが重要ですね。この心柱は、根元がしっかりし、先端部分がシナル構造で、丁度、振り子を反対にしたイメージですね。つまり、以前私がこの日記で書いた振り子的人生での、しっかりした自分の人生のこころざし、価値観に基づいた生き方に、この心柱がオーバーラップしますね。

そんな思いを建設中の東京スカイツリーを見て、感じています。
 
「仏(ほとけ)作って魂(たましい)入れず」

努力して物事をほとんど成し遂げながら、もっとも肝要な一事が抜け落ちている、肝心な一点が抜けていら、完成したとは言えない、と言う事です。現代社会の色々な場面で、指摘できることですね。まずは、自分から実践しましょう!

posted by お坊 at 09:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。